スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ガンダムの富野って言われるのは嫌なんです」

レンタルでイグルーの新シリーズを借りてきたわけですが。

まあ、件のグラヴィオンのDVDも置いてあったわけですわ。
よく利用するレンタルビデオ屋なんですが今までグラヴィオンはVHSでしか置いてなかったんですわ。

良くも悪くも興味もあったんでパッケージを取ってみたら
「PS2スーパーロボット大戦Z~」とかパッケージ裏にデカデカと書かれているし・・・。

そういえばダンクーガノヴァのTVCMも「スーパーロボット大戦でおなじみの~」とか言ってたし・・・。

うーん・・・。

製作に携わった人たち的にはこういう宣伝・紹介の仕方はどうなんだろうな・・・。
ダイナミック作品の再評価や続編とかの例もあるけど・・・。

少なくても俺みたいに観た事なかったり最後まで観なかったやつに知った風な事は言われたくはないか。

でもなんだかなあ・・・。



というわけで機会があったら観てみたいと思います。
スポンサーサイト

スーパーロボット大戦Z、途中までクリアした記念感想

感想、その2です。
その1より時間が空いているのでさらに少しだけ話が進んでいます。
というのを踏まえて感想を書いていこうかと。
感想なので評価とかじゃないです。あくまで感想。
やっぱりネタバレとか多少あるけど、やっぱり気にしちゃ負けだ。発売して結構経つし。いやなに、3ヶ月後あたりには3980円~2980円で売られているし。


その1より少し話が進んだ上で、今回は悪かった点中心に


・相変わらずのオリキゃラ

真性邪気王眼マサキム
いまいち好きになれなかったり。原因は彼が大人になっても患っている中二病よりももっと深刻で恐ろしく重い病「OG病」に蝕まれているからです。
彼はきっと「それも私だ」星人で、フラスコの実験室に気づいてしまった因果律の番人なんですね。
ZやOGの続編では、サフィーネに続いてラ・ギアスからどんな邪鬼眼操者が召喚されるのやら。
今から楽しみです。


・シナリオ
ランド編、せつこさん編で大きくストーリーが分岐する。
大概、彼と彼女についていく作品は大体決まっているので、世界観を壊すことなく各作品の原作ネタができる、というのは今作品の大きなメリットだと思う。
僕もその試みには概ね満足している。
しかし、デメリットもある。
例えば、Zガンダムとキングゲイナーを同時に両方活躍させたいというプレイヤーはどうすればいいの?
分岐で別れてしまことが多いこと多いこと。
仮に今作品の売りのひとつである二週プレイ、三週プレイしてもこの問題は永遠に解決されないと思う。

そもそも、僕はスパロボの名物「シナリオ分岐」・・・というかそれに伴う部隊分けが昔からどうにも苦手だ。
苦手というか嫌いだ。
部隊分けをするときには部隊を自分では決めることができない。あらかじめ作り手が用意した部隊分けでプレイせざるを得ない。部隊分けしたシナリオに限って原作再現シナリオや各勢力との最終決戦だったりすることも多い。原作で主人公を散々苦しめた大ボスが、たかが2分の1や3分の1に分けた戦力で倒しちゃっていいの?原作ファンなんで怒らないの?
部隊分けをしなきゃいけない理由は?要はあれもこれも各作品を全部掘り下げたらシナリオが長くなる・破綻するからでしょ?でも、それって作り手の事情だよね?そんな事情プレイヤーに押し付けたままでいいの?

こういう根っこの問題が解決されてなかったのが残念です。


隠しユニット・隠しパイロット
これも、もやはスパロボ名物となっていますが、この名物はゲームのやる気をそそらせるものではあるけど、同時にやる気を激しく削いでしまう諸刃の剣でもあります。
隠し要素を取り逃したままプレイを続けて、後になってそれに気づいたときのテンションのダウンさといったら本当にひどい。スパロボを放置したくなるくらいに。

で、今作の話に戻ってみるとフォウとステラあたりなんかが個人的に特にそれにあたる。
原作ではっきりと味方についたキャラクターではない。しかしこのクラス程度のキャラであれば、複雑なフラグを重ねずとも、もっと簡単に仲間になっていいと思う。しかもこの二人はせつこさんルート限定だ。
ランドルートを選んだ僕は味方にすることができません。この二人は好きなキャラクターで絶対に仲間になる!絶対に使うぞ!と意気込んでいたもですから、これを知ったときはかなりやる気が落ちたものです。

まだ、実際にそこまで話が進んだわけではないのですが、レイ、タリアもそう。なんで最後まで使っちゃだめなの?

寺田先生は今回SRポイントは気にしなくていいってファミ通で言ってなかったけ?おもいっきりSRポイントがフラグに関係しているんですが???

あれ、ウソなの?

20081101B.jpg

つづく

変な夢を見るのは大抵、疲れているせい

何故か、僕がはだしのゲンの脇役。なので死んでしまってゲンの生きる糧になってしまう。

僕の大切なエロフィギュアちゃんたちと一緒に出棺。

飛影と魔界を大冒険して生き返る。もちろん、友情が芽生える。

魔界の門が閉じる直前には、

「ま、生きていたらまた会うこともあるだろ」

と、カッコつけてみました。

二つ○をつけてちょっぴりオトナになった気分です。


親のたんすの中にノートパソコンを置いて横田守原画のゲームを違法ダウンロード。

もちろん、見つかる。

義理の姉妹、ドン引き。

彼女たち曰く「キモイ、子供に近づかないで」

でも、僕には関羽というかわいい妻がいるのでノーダメージ。



自分ルールで夢の話はするまいとか思っていたけど、どーでもいいし。という話でした。

夢の話だけど、彼女たちは本当にこう思ってそう。

マネーの豚

最近家計簿なんてつけてみる。

実は8月にもやってみたけどすぐに挫折してしまったのだ。

で、実際つけてみると煙草代が結構馬鹿になってないことに気づく。
いや、気づいてはいたんだ。気づいてない振りをしていたんだ。

煙草やめれば我慢していたアレもコレも・・・と思ってしまう。
やめる、か本数を減らす・・・かな。

20081102A.jpg

スーパーロボット大戦Z 半分まで終了したので記念感想

20081101A.jpg

感想なので評価とかじゃないです。
ネタバレとか多少あるけど、気にしちゃ負けだ。発売して結構経つし。


良かった点を中心に


・小隊システムの復活と改善

従来のコスト制を廃止して自由に小隊を組めるのが○
自分はお気に入りのキャラだけじゃなく、色んなキャラを活躍させたいので、出撃枠の多い小隊システムは歓迎なのです。
ユニットのコスト制限があると小隊を組ませるのに頭を悩ます、もっと言えばストレスに感じる点が多々あったので、その辺が改善されたのが嬉しいです。
OGのツインユニットなんとかなんて苦痛でしかなかったし。
トライバトルシステムも攻撃開始前にフォーメーションを選択できるので、意外に面倒さは感じなかったです。
でも、フォーメーションを戦況によって頻繁に変えるかといっても、そうでもなかったり。フォーメーションは、ほぼトライとセンターのみ。ワイドはあんまり使わんなあ、今のところ。トライチャージを使えば大体事足りる訳だし。



・リアル系、というよりMS系の武器の射程・性能の地味な変化
従来だと、
バルカン P1
ビームサーベル P1
ビームライフル P1-4

だったのが、

バルカン P1-2/3 敵機性能ダウン
ビームサーベル P1-3
ビールライフル 1-6
とかね。

ユニットによってはビームライフル P1-4(ALL)とかね。

今までシナリオのメインは張れても戦闘において、地味なりがちな、そして地味にせざるを得なかったMS陣が、こうして活躍させ甲斐が出てくるのは嬉しいです。
ビームライフルとランチャー系、ファンネルを撃つしかないMSはもうね・・・。いいじゃん原作どおりビームサーベル使おうぜ。



・ユニット強化・パイロット育成
もやは、恒例になった全滅プレイ。第三次の頃は裏技扱いだったのに、今やゲーム中の攻略Q&Aに普通に載るまでに。
経験値、資金だけではなく、PPと撃墜数まで引き継げるのが◎
今までと違ってPPも多めに入るので育成しやすいです。
熟練度獲得で全小隊にPP+5とかもなあ、旨みなかったし。
うちのアデット先生は撃墜数100を超えたし、再攻撃にヒット&ウェイ習得済みですよ。
加速・祝福要因?もちろん彼女の赤ドーベックは小隊長です、ええ。



・創通ロボットに未来はあるか
今回、ザンボットやザブングル系にリアルサイズカットインが付いたのは嬉しいです。
ダイターンはまだ仲間になってないので確認できず。
権利関係で難しいとは思いますが、いつか、ガンダムを始め他の創通絡みの作品もリアルサイズカットインが付くことを切に願わんばかりです。


・シナリオ
男主人公を選ぶか女主人公を選ぶかで、ストーリーの分岐が大きかったり。
寺田Pによれば遠未来系と近未来系に分けてみたそうで。
これは不満もあるのですが、良い点もあったのでここでは後者を述べてみようかと。

僕は男主人公で始めたので、いわゆる遠未来系の作品がメインでシナリオに絡んできます。
なので、ヤーパンのエクソダスも一応ちゃんと扱ってもらえる余裕ができているのが嬉しいですね。
ブレーカーがシベ鉄に雇われたり、アイアンギアーがエクソダスに協力したりとか。
キング・ゲイナーの参戦の話を聞いて脱糞しかけた僕ですが、エクソダス関連は、Dのパラダイムシティのごとくシカトされるんだろうなあ、と肛門もしまったものです。

男主人公もタダの熱いオッサン、言い換えればウザイキャラなだけかと思いきや、
自分が暑苦しいオッサンだとちゃんと自覚しているのも○
ゲインやホランドらとの絡みも○

オーガスを参戦させることで世界観が大きく違う作品同士の競演可能になり、
さらに大きくシナリオを二つに分けることで、より多くの作品を掘り下げることができたのが◎
これまでプレイしていて、最近のスパロボで多く見られる空気参戦が少ないのが◎
ガンダム系で言えばZと∀、Xと種死の4作品しかないせいもあるんでしょうけど。
(μガンはまだ未登場なのです。)
作品数の多いガンダム系も数を絞った方が空気参戦も少なくなっていいのかもしれんのう・・・。


つづく

プロフィール

みや

  • Author:みや
  • よろしくお願いします

Twitter

最新記事

カテゴリー

連絡

拍手かメールフォームからどうぞ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。