スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

困ったら、とりあずお茶を濁そう

ガンダムOOのコンプリートベストを借りてきました。

ブックレット冒頭には水島監督の、作品のイメージと各曲のイメージの合致についての想いなんかが、本人が直接書いたわけじゃないだろうけど、綴られていたりして。ギアスのコンプリートベストのブックレットにも、やっぱり同じ様に監督の作品と主題歌のイメージの合致についての想いなんかが書かれていたりして、そこを「嘘つけ!スポンサーから押し付けられただけのくせに!」と穿った見方をするのが、曲の出来や個人の好みは別として、オタクとしての在り方かもしれないと再認識させられたわけです。

アーティストとか製作者サイドの事情は置いておいて、別に主役ロボの名前を叫んだり、本編の作曲家が作曲したり、監督が作詞したりしなければアニメソングの主題歌として相応しくないなんて言うのは少なくとも受け手側にとっては、もはやナンセンスなわけで。

いや、そんな事よりもだ。
もし、この手のコンピレーションアルバムのブックレットに富野が寄稿したら・・・と想像しただけで楽しい。



スポンサーに押し付けられたアニメ主題歌のパターンの温床を作った一因は自分にあると詫びる富野

クール毎に主題歌が変わるパターンの温床を作った一因は自分にあると詫びる富野

中盤で主役メカが交代するパターンの温床を作った一因は自分にあると詫びる富野

(例として「儚くも永久のカナシ」とか「泪のムコウ」とかね)歌のタイトルやアーティスト名を、やたらカタカナで表記するのは格好いいですけど、受け手側の想像力を膨らますようで、実は受け手側にきちんと自分の考えを伝えるという意志が感じられなくて僕は嫌いですとか言い出す富野

パターンで何十年も前から変わらずに商売をしている企業・大人を批判し始める富野

バンダイとサンライズを批判し始める富野

総集編に新規作画と新録があれば新作であるというのは勘違いであると、詫びた上でやっぱりバンダイとサンライズを批判し始める富野

パターンを消費し続けているオタクを批判し始める富野

唐突にジブリアニメの主題歌を批判し始める富野(勿論、本当は褒めてる)

このCDは買ってはいけませんと言い出す富野



楽しすぎる・・・。



コンピレーションアルバム発売の為に、是非、富野にはMBS系日曜午後5時の枠でアニメを作って欲しい。
勿論、製作はサンライズで。Pは竹田で、スポンサーはバンダイとアニプレックスで。
これで、その作品がガンダムなら言うこと無いじゃないか。


プロフィール

みや

  • Author:みや
  • よろしくお願いします

Twitter

最新記事

カテゴリー

連絡

拍手かメールフォームからどうぞ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。