スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトルなし

午前3時ですが眠れません

やっぱりこういう方向に行ってしまうのかグチグチネチネチタイム








んー、なんかですね

元AV嬢と元極道の妻だった方のブログを半ば好奇心からですけど、拝見したんですよ。
読まなきゃ良かったなーって。
エネルギーがグングン吸い取られるというか、
自分の中の黒々としたものがまた沸いてきてしてしまって、
今の自分の状態じゃ読んでてダメージ大きかったです。

んで、眠れずこれを書いているという次第で。

すごく恣意的な言葉で言ってしまうと
「昔はやんちゃしてたけど、今は更生して小さな大切な幸せのためにがんばってます」系の話が
昔からすごい苦手でして。素直に感心できないんです。

なのでテレビとかでも、リアルでも「やんちゃ時代の武勇伝を語る大人」というのがすごい苦手なんです。
(上記ブログの筆者たちは、そのケースと少し違うとは思いますが)
最後はやっぱり「小さな大切な幸せを今は守りたい」みたいなことで話を〆るし・・・。

まあ、こういう感情に囚われ過ぎるのはしょーもない嫉妬が原因なんでしょうけど・・・。

なんていうか、過去に散々人の居場所を奪ったり、傷つけたりしてきたのに、
「でも今は人並みの幸せを手に入れてる」って「・・・ずるい」って思えてしまう。


精錬潔白な人間なんてどこにもいないだろうし、誰にだってやり直せるチャンスはあるべきだ。上記のブログの筆者たちはそうして努力して幸せを手に入れたのだから、それは素晴らしいことだと思う。僕のような狭量な人間の嫉みにも相当耐えてもきたのだろう。それも本当にすごいことだ。

それでも、やっぱり僕は素直に感心できない。
「・・・ずるい」って腹の中に黒々としたものが沸いてきて苦しくなってしまう・・・。
こんな自分はやはり狭量な人間なのだろう。


話は少し変わって、僕はアメトークの「中学イケてない芸人」が好きだ。

僕は、中高、いわゆるイケてないグループに属していたわけではないし、彼らのように、爆笑に昇華できるほどの過去の切ない話を持っているわけではない。でも、彼らの話にものすごく共感できてしまうのは、やはり僕は根っからのイケてない人間なのだと思う。

僕は、やんちゃ時代の武勇伝で人を楽しませたり、励ますより、
イケてない切ない話で人を笑わせるようになりたい。

それが、本当にできれば「・・・ずるい」という感情からも解放されるのかもしれない
・・・のかな?


プロフィール

みや

  • Author:みや
  • よろしくお願いします

Twitter

最新記事

カテゴリー

連絡

拍手かメールフォームからどうぞ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。