スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間が使う時点で「正しく」なんてあり得ない

僕なんかが話題にするまでも無く、他の方たちがもう詳しく述べているんだろうけど、東京都の青少年健全育成条例改正案は規制の基準が分からんなー。
昔、大塚英志がコラムで、「文芸で天皇を扱うのはOKなのに漫画だと何でダメなんじゃい。」と怒っていたけど、ホント何で漫画だとダメなのかしら。子どもの目に届きやすいのは確かなんだから届かなくしましょうというのは解る。でも、届きやすいのは漫画だけじゃねーだろっつーか。

エヴァのエロシーンはOKっつーのも、仮に90年代半ばあたりに、この条例が改正されたら、当時のエヴァなんか絶対NGになるだろうと簡単に想像がついてしまう。 エロがOKかNGかの基準は所詮、作品の内容以前に、世間の認知度とかお金になるかどうかで簡単に決められてしまうんだろ?って皮肉が誰にでも思いついてしまうあたりが。

エヴァの例で思い出したんだけど、97年だか98年だかに、脚本家の會川昇がラジオで、「俺達が人間の手足が吹っ飛ぶ様なアニメ作るのはダメだって言われるのに、宮崎駿が人間の手足が吹っ飛ぶ様なアニメ作っても誰も文句つけないどころか逆に喜ぶんだよなー。 大体、あの人戦車とか戦闘機が好きなのに誰も不謹慎って言わねーじゃん。本人は『人間の情念がこもってるから好きだ』なんて言ってるけど、単にカッコいいから好きなだけだろ。」と毒づいていたのを印象的に憶えてる。

こういう穿った嫌味とか皮肉が、それなりに説得力を持たせてしまうあたりがこの改正案の怪しいところなわけで。


よく、こういった話は「ナイフの規制と包丁」に例えられることが多いけど、確かにそう思う。
包丁は生活するには欠かせないから規制なんかできないよねって。でも、エロも老若男女、人間なら誰だってアグネス・チャンからだって欠かせないよねって。でも、現実に犯罪が起きているのだから規制はしなくちゃならないし、性教育だってしなきゃないし、大人も自重しなければならない。
けど、そこから突き詰めて余分な物を削ぎ落とし、本当に人間にとって必要な正しいエロのみを残したら子作りセックスしか残らないわけで。子どもは作るつもりはないし、娯楽のつもりもないけれど、愛あるセックスはしますって言っても、それで実際に多少なりとも犯罪が起きているんだから、いいことばかりだよねって断言できる人はいないと思う。それは愛ある子作りのみを目的にしたセックスだって同じだ。もし、断言できる人がいたら、その人は神に最も近い人かオナニーしたこと無い人だと思う。
じゃあ、セックスする理由とか相手とか、自慰行為を制限しろ、と言っても誰を愛するのか、誰とどんなセックスがしたいのか、何で性的興奮を感じるかなんて人それぞれなんだから結局のところ制限しようがないよねって。
どれほどの利が誰にあって、損が誰にあるんだっていう。




察しがついてるかもしれませんが、もう、オチがつけようがなくなったので、実在青少年の皆さんは、非実在青少年の恋愛やセックス程度に惑わされることなく、豊かな人生を送る為に、20歳まで交際もセックスも自ら禁止して自分塾に励むことをお勧めする。





20100507.jpg


もちろん音声も変えてあります
というか、別人ですから





間違ってこの記事削除しちゃったから、また上げ直ししたよ。かっこ悪りーなーもー











んーでも、こういう問題は、お上が規制するより、作る方、売る方、買う方同士の啓蒙とか、それぞれの個々の裁量にまず任せてみるのが一番だと思うの。

さらにイタイ話を上塗りします(もちろんイタイのは僕です)。
僕は過去に「俺、中学生だけどエロゲやりまくりwwwww」って趣旨のブログ(ブログ名じゃないよ)を偶然、発見してしまって、こりゃまずいわーって勝手に一人で頭を抱え込んだことがあります。
R‐18ゲームってよく応援バナーというものを希望者にゲームメーカーが公式サイトから配布して、希望者のブログにバナーを貼って宣伝してもらうというのをやってるんですけど、おそらく中学生であろう彼のブログにはがっつり、そのバナーが貼ってあってあるし、他にも、「このサイトからエロ同人誌がタダでダウンロードできますw俺はいつもそこから手に入れてますwww」とかねー。どっかで手に入れた非実在青少年のポルノ画像をブログに張ったりとかねー。
年頃だからR‐18のポルノを持ってても別におかしくない、普通の事なんだけども、そういう事を世界中の不特定の人間に発信するのはものすごく危険なんだから、せめて学校で友達に自慢するだけにしなさいよっていう。

ここで僕が上塗りしたイタイ事とは、よせばいいのに彼のブログで掲載されているバナーのR-18ゲームメーカーにメールしたんですよ。(うわー)
「未成年者がR-18サイトに出入りし、R-18ゲームを宣伝・購入・プレイすることを貴社はどう思うか?配布する際、希望者の身元確認を行ったのか?」という要旨のヤツを。(まあ、どうせこういう方は購入なんかしないで、どっかからタダで違法DLしてるんだろうけど)
どのメーカーも丁寧で誠実な返事を下さったんですけど、やはり業界全体が今、大変な危機に瀕していることがよく伝わってくる返事でした。
しかし、当該するブログの管理人が本当に未成年であるか確かな証拠がブログ上にはなく、またメールアドレスなどの記載もなく、こちらからでは管理人に連絡は取れないということで、そのままうやむやになってしまったんですが、仮にそのブログの管理人が本当に中学生だとしたらこれはやはり色々と問題だよなーって。こうやって人様のサイトを晒す僕もすごく問題ですが。

ネット上のこうした問題は、やはり強制ブロックしかないのだろうか。ネット上の身元確認といってもお店で中学生がお酒や煙草を買おうとしたら「年齢確認できる物を提示してください」って言うのとは全然わけが違うし。
メールアドレスで充分か?それともクレジットカードや免許証、保険証、パスポートだったら?そもそも持ってない人は?それに悪用されたら?

考えたり決定するのは、当然、僕なんかではないのだけれど、どーしたもんだかねー。



なんで、こんなにモヤモヤしているのかっていうと結局、自分に被害が及んで生活がつまらなくなってしまうからなんだよなー 当然、被害が及ぶのは僕だけではないわけで。
一生日陰にいますんで、もう、ほっといてくれよって心底思う。


プロフィール

みや

  • Author:みや
  • よろしくお願いします

Twitter

最新記事

カテゴリー

連絡

拍手かメールフォームからどうぞ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。